おたるワイン/ピノ・ノワ-ル2014

otaru_pinot1
商品ナンバー
W-59327 
生産者
北海道ワイン株式会社 
生産地
小樽市朝里川温泉1丁目130番地 
葡萄品種
ピノ・ノワ-ル(北海道余市産) 
アルコール度
13% 

※商品写真の年数は異なる場合がございます。詳しくはお問合せ下さい。

赤/ミディアムボディ【限定醸造2,380本】

最高のJAPANピノ・ノワールに、最後の「おたる」ブランドを与えました。

醸造経緯
 土地を選び、繊細で手間の掛かるピノ・ノワール種は、日本での栽培は難しいとされてきました。難しいからこその挑戦。2014年10月下旬、北海道余市の限られた畑で、葡萄作りの匠たちが丹精して育て、丁寧に収穫したピノ・ノワールは大変良質なものであり、醸造責任者河西由喜をはじめとするワイナリースタッフは、この品種の香りや味わいをダイレクトに伝えるべく、単一品種での醸造を決意。比重式自動選果機を用い更に良い粒だけを選り分け、発酵はステンレスタンクで行い、ピノ・ノワール本来の素直な香りや綺麗な酸、なめらかな口当たりを存分に引き出しました。熟成は、古樽のフレンチオークとアメリカンオークで16か月間。フレンチオークの一部はアカシア材を取り入れましたが、ピノ・ノワールとアカシアの相性に間違いはありませんでした。16か月の間にオリ引きを一度だけ行い、軽くフィルターをかけてボトリング。そして、出来あがったワインは、ピノ・ノワールとして世界に通用する味わいであると確信し、皆様に永年育てて頂いた「おたる」ブランドを冠しました。ラベル表示法改正前にリリースする「最後を飾るに相応しい新商品」との想いを込めました。

ワイン味わい
 ピノ・ノワールの特徴的な明るいルビー色と、グラスの輪郭(液面)には熟成による薄オレンジ色が認められます。赤い果実と木樽のニュアンスが優雅に絡み合う芳香はリッチで奥行きがあり、心躍るように期待が高まります。しっかりとしたアルコール感は、円くしなやかなアタック。中~後半に立ちあがってくる張りのある酸は、北国らしい端正な佇まい。シルキーなミディアムボディと複雑で奥行きのある味わい、そして幾重にも変化し続ける余韻の長さは、魅惑的な大人の女性を想わせます。「おたる」ブランドを堂々と主張する、最高のJAPANピノ・ノワールです。香りを愉しめる大きめのグラスでお楽しみ下さい。

評価
  2016年7月、独ヴァインスベルグ国立栽培醸造学校校長ギュンター・ベーダー氏来日の際に、テイスティングを頂き、高く評価頂きました。醸造家にとって最もシンプルに嬉しい「良いピノ・ノワールです」というお言葉を頂きました。
 ドイツ国立ヴァインスベルグ栽培醸造学校(Staatliche Lehr- und Versuchsanstalt für Wein- und Obstbau Weinsberg)は、1868年創設された、ドイツ最古の、そして世界でも最も古いワイン醸造学校の一つです。このヴァインスベルグ栽培醸造学校へは、弊社の顧問 本間恒行が日本人として初めて入学し、ワインの栽培・醸造技術の礎を築くことができた、いわば北海道ワインのルーツと呼べる学校です。     北海道ワインHPより

 「香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・コンペティション2016銅賞入賞

[販売価格]750ml/5,400円(税込)

ご注文は・・・

ご注文電話番号0155-37-3003

[受付時間]AM10:00~PM9:00(定休日:第三日曜日) TEL.0155-37-3003 までお電話下さい。
FAXでご注文の方は、以下の専門注文用紙にご記入のうえFAXを送信して下さい。

FAXでご注文の方はこちら
お問合せの方はこちら
ご注文の方はこちら

 

※携帯E-mailをご利用の方は、弊社からの返信E-mailが届かない場合がございます。
PC用E-mailをご利用頂くか、携帯のメール受信設定で「sakaya-adachi.com」からの
メールを受信出来る様にお願い致します。

 

このお酒に関して問い合わせる

※商品のご注文を希望される方は【ご注文専用フォーム】よりご連絡下さい。

お問合せ内容
 商品のお問合せ その他
お名前
メールアドレス
お電話番号
郵便番号
ご住所
ご連絡内容
商品ナンバー
メルマガ登録
 希望する 希望しない

酒屋あだち特約メール会員へ登録

酒屋あだち・特約メール会員登録(無料)

酒屋あだちの「特約メール会員」(無料)にご登録頂きますと、当店ならではのサービスやお客様にお伝えしたいメール会員様だけの特別情報などをお届け致します。
当店のお酒は全て正規品です。プレミアム価格など一切なしで造り手の情熱とこだわりが伝わる販売店を目指しております。ぜひご登録下さい。